kiyosejin-hawks’s blog

ソフトバンク・ホークスをこよなく愛するコアファンのひとりごと

田中正義投手の覚醒で思うこと【その①】

 

f:id:kiyosejin:20180217140112j:plain

https://full-count.jp/2017/04/08/post64347/

 

 

田中正義投手の評判がここに来てうなぎ登りみたいですね。

「脱力」をテーマにした新投球フォーム。

「キャンプA組昇格も近いのでは」という報道も。

 

www.nishinippon.co.jp

 

昨年1年間かけて取り組んだ新投球フォームが、どうやら吉と出ているよう。

おそらくは、まだまだ全力投球は控えている段階なのでしょうが、却ってそのことがフォームから無駄な「力み」を抜かして質の良いストレートに繋がっているのでしょう。

 

しかし、良かったり、悪かったりと、自慢の速球に安定感がないのも、この投手の特徴でもあるのです。

まあ、安定感が備わっていれば、とっくに一軍の戦力になっている訳で。

そこの辺が、1軍と2軍投手との境界線だったりするのですね。

 

まあ、あせらず、じっくりと…。

ホークスは、端から即戦力投手として獲得した訳ではないでしょうから。

大学4年時の凋落ぶりは、酷かったですから。

だから、間違いなく「素材型」の投手として、指名したものだと思います。

 

好調時のボールに、無限の可能性を感じさせる投手。

ですが、現時点では、まだ、投げさせてみないとわからないレベルの投手。

 

では、よい時の投球フォームを見てみると。

 

 

見事に力みのない投球フォームをしています。

見るからに「伸びのある」速球を放っているのがわかります。

 

しかし、この試合のあと、田中正義投手のキャリアは徐々に低迷期に入っていってしまったのです。

右肩の違和感との長い闘いです。

 

彼を長らく苦しめた、右肩の違和感の原因は、もちろん投球フォームのなかにあったはずです。

だから昨年、シーズン序盤の段階で早々に投球フォームの改良に着手したのは、チームとして英断だったかも知れません。

まあ大卒ドラ1にフォーム固めから時間を与えることが許される球団って、他にないでしょうけど(笑)。

 

このまま、あせらずにじっくりと新投球フォームを固められれば、あの試合のような「バットに当てさせない」剛速球を再現できるかもと期待させてくれます。

 

もちろんフォーム固めに成功出来れば、コントロールも安定するはず。

「あの試合」も伸びのある速球をビシビシとストライクゾーンの厳しいところに決めてましたもん。

 

今年もあせらずに一年かけて、しっかりと新投球フォームを固めた方が良いと思います。

そして、将来的な適正を見据えた上で、ポジションにあった調整も。

 

その②へ続く…。

 

2018.2.17

 

 

 

 

憶えていますか?ホークスが本気で左腕王国だった頃を

 

 

春のキャンプから、イキの良い若手左腕の台頭を知らせるニュースが目白押し。

 

昨年から話題となっている、笠谷俊介投手、長谷川宙輝投手、古谷優人投手の3投手は何だかもう有名人といった雰囲気も。

 

さらには、育成枠から左腕の齋藤誠哉投手の話題も。

おまけに、ここにきてNPB最速左腕である川原弘之投手が復活しそうだというニュースまで。

 

これは確実に左腕王国誕生の予感がしてなりません。

 

そういえば。

 

数年前にも同じような現象が起こった事を思い出しましたよ。

「あの時」は、確か先発ローテーション6枚が全員左腕という、前代未聞のローテだったはず。

 

f:id:kiyosejin:20180212001803j:plain

 

調べてみたら、やはりありました。

2010年シーズンの先発ローテーションでした。

その時の記事がコレ。

 

www.nikkansports.com

 

ホールトン投手の不調による二軍降格により、左腕の陽耀勲(ヤン・ヤオシュン)投手が昇格して完成形をみたんでしたね。

 

和田毅投手、杉内俊哉投手の強力二枚看板に大隣憲司投手、山田大樹投手、小椋真介投手耀勲投手という顔ぶれ。

後にも先にも、先発全員が左腕なんて聞いたことがない。

 

さすがに今季のホークスは、実力派右腕が健在なので先発全員左腕の再現はないでしょうけど。

これだけ左腕の陣容が豊富だと、嘉弥真投手や飯田投手、さらにはモイネロ投手あたりも油断は出来ないでしょうね。

他球団からしたら、本当に羨ましい陣容かと思いますよ。

 

こうして考えると、山田投手と大隣投手の放出は、確かに正解だったのかも知れませんね。

 

 

2018.2.12

 

 

 

 

来季FA対策で支配下見送りって、いったい?

 

久しぶりにブログ更新します!

やっぱり、なかなかコンスタントにっちゅーわけにはいかないなぁ。

 

 

ところで、昨年からメディアでいち早く注目されている、この人。

育成3年目の長谷川宙輝投手

まだ、2軍でも数試合しか登板していないのに、こんなに有名人になってしまった人って他にいましたっけ?

 

f:id:kiyosejin:20180209223246j:plain

 

full-count.jp

 

おのずと支配下選手契約の話が現実味を帯びてきます。

他にも、野澤投手や川原投手といった名前も。

 

 

そんな若鷹たちの奮闘ぶりを伝える記事で、いちばん有力なソースが『鷹速』

昨日の『鷹速』を読んで、ちょっと気になった部分があったので拾ってみます。

 

 

 

野澤もBでバッピしたらしいし、今年が3年目やから途中かキャンプ終わりに支配下に入れるやろ

あるとしたら来季FA対策で長谷川と野澤の支配下を待っている可能性

 

一部引用

鷹速@ホークスまとめブログ : 【第2クール3日目】武田、長谷川宙らフリー打撃登板 など 

 

 

現在、ホークスの支配下選手枠が66人であり、あと4枠残っているそう。

まあ緊急時用に2枠は空けておくかと思われるので、とりあえず今キャンプ中に2人くらいの支配下契約が見込めそうかと思われます。

 

なにぶん限られた枠なので、人選は慎重にならざるを得ないのでしょう。

当然、個人の能力だけでなく、チーム全体の戦力バランスが、その人選に関係してくるものかと。

 

でも、「来季FA対策」というのは、いったい?

 

もしかして、西武の浅村栄斗内野手のこと?

だとしたら、絶対に反対ですね。

安易にFAで獲得した選手で、ポジションを埋めてしまうことは、若手のモチベーションを下げてしまうことに繋がりかねない。

 

しかも、人的保障が発生すれば、有望な若手選手も引き抜かれかねない。

おそらくは、この理由で長谷川、野澤両選手の支配下を見送るという憶測が流れているのでしょうか。

どっちにしろ現在の選手層からいったら、とうぜん必要な選手全員をプロテクトするなんて出来っこない話かと。

 

地元九州の選手ならともかく…。

とても魅力的な選手であるのは、事実ですが、獲得によって失うものの方が大きい気がします。

 

まあ、杞憂だと信じたいのですが。

もし本気で浅村選手獲得のために、若手選手の活躍の場が削がれることがあったとしたら、それこそ本末転倒です。

 

中軸を打つ選手は、現状足りています。

もし、柳田選手や松田選手が抜けるなんて事態が起きたら、リスクを冒すのもありかも知れませんが。

「育てる」という球団の方針がブレることがないことをただただ信じるばかりです。

 

 

2018.2.9

 

 

 

今季ホークスの「レギュラー3枠」をめぐる熾烈な争い

 

f:id:kiyosejin:20180203111141j:plain

 

 キャンプイン初日から、工藤監督、珍しくレギュラー当確「6人」を早々に発表。

 残り3枠については「レギュラーは白紙」宣言。

 

www.sponichi.co.jp

 

しかし、煽りますね~。

上林誠知外野手はともかく、甲斐拓也捕手ですら当確ではないんですからね。

 

でも、この二人には本物になってもらわないと困る訳でして。

むしろ彼らを脅かすような選手が、2軍から彗星のごとく出現してくれると有難い。

福田にはまだまだレギュラーを狙ってもらいたいし、真砂や塚田あたりの奮起も期待したいところ。

 

問題は、セカンドでしょうか。

 

決してもう若手ではないのですが、高田知季内野手の昨年からのバッティング向上ぶりには要注目。

ケガで一度長期離脱したことが、却って高田選手の肉体改造を促す結果になったのでしょうか?

打球の力強さが格段にレベルアップしましたね。

守備範囲の広さと、俊足も相まって、力量的にはホークスのセカンド候補のなかでは頭一つ抜き出たのではないかと考えます。

 

対抗馬としては、曽根海成内野手が面白いかも。

久しぶりに見る「野性的な運動能力」を持った内野手ですね。

もちろんバッティングには、まだまだ課題だらけですが、今宮選手にひけを取らないポテンシャルを持っているものかと。

まさに「育成」の醍醐味ですね。

ダイヤの原石をどこまで磨き上げられるか?

非常に楽しみな存在。

 

もちろん、明石選手や川島選手、本多選手といったベテラン勢もだまってはいないでしょう。

牧原大成内野手も守備でまずは、首脳陣の信頼を勝ち得ないと。

 

今年は、育成組からどんな選手が台頭するのか非常に楽しみ。

個人的には、育成2年目の清水陸哉外野手に期待しています。

 

 2018.2.3

 

 

石川柊太投手よ、今季はジョーカーになれ!!

f:id:kiyosejin:20180201200332j:plain

column.sp.baseball.findfriends.jp

 

 


いよいよキャンプイン。

 

早くも工藤監督の熱いゲキのもと、今季も熾烈な開幕一軍枠をめぐる競争がスタート。

特に先発ローテーション枠をめぐる争いは、おそらく12球団イチの厳しさなのでは?

 

千賀、武田、東浜、バンデンハーク、和田まで5人の名前は、おそらくは小学生でも、ものの数秒で答えられてしまうのでは。

 

そして、6枚目の枠で最有力候補と目されているのが石川柊太投手

各メディアでは、決まって彼の名前が挙がります。

 

 

でもね…。

 

石川投手の先発での起用には、もろ手を挙げて賛成はしかねるのです。

 

っていうか、もったいないと思いませんか?

 

剛速球とパワーカーブ、それにキレキレのフォーク、スライダーという、まさに奪三振を奪うために生まれてきたような男

その素晴らしい持ち球をつねにフレッシュな状態で全力で投げ込む姿こそ、石川投手の持ち味だと思うのです。

 

昨年は、相次ぐ先発投手陣の途中離脱で、急遽中継ぎから先発へ配置転換された石川柊太投手。

初回から全力投球するスタイルとはいえ、試合中盤にもなるとガクンと球威が落ちてしまうのはありありと分かりました。

中継ぎで調整していたので仕方がないことではあるのですが…。

シーズン終盤には、もうバテバテで自慢の速球も、打者の手前でお辞儀している有り様でした。

 

まあ、今季は、キャンプで一から体を苛め抜いて作り直してくるとは思いますけど。

今シーズンは、また、昨シーズン序盤の中継ぎ登板で見せた、相手チームが絶望の淵に立たされるかのような圧倒的な投球を観たいのです。

投球イニング数をかる~く上回ってしまうほどの奪三振数をね。

 

 


今季2勝目!! H石川 6回110球を投げて12奪三振!!

 

 

先発がふがいない投球をしたら、すぐさま早い回から登場して、強引に相手チームの戦意を喪失させるような投球こそ石川柊太投手にはふさわしいと考えるのです。

 

 

そんな贅沢な使い方、ダメでしょうか?

いえいえ、ホークスだからこそ許される起用法かと。

 

 

試合の流れを一発で変えてしまう、規格外の力量を持つ投手。

そう、まさに彼はジョーカー

 

僕の他にも、昨シーズン序盤で披露してくれた奪三振ショーにこそ、いちばんの快感を覚えたホークスファンも多いはず。

先発投手としてマウンドに上がって、ペース配分しながら投げる石川投手は、正直見たくないかな。

普通の投手になっちゃつまらない。

また、3イニングくらいを圧倒的な力でねじ伏せる投球を観たいのです。

 

 

2018.2.1

 

 

 

川﨑宗則は、もはやホークスだけの宝物なのではない

 

f:id:kiyosejin:20180125232115j:plain

 

 

 

川﨑宗則選手の去就はいったい…。

 

なんて、カッコつけた書き方しちゃったけど、ホークスファンはみんな承知済みな件。

というより、プロ野球ファンなら、すべての人にとって暗黙の了解な件。

 

早いこと先輩の去就が決まってくれないもんですかね~(笑)。

 

www.nikkansports.com

 

なんだか海を渡って帰って来たら、すっかり別の人になっちゃった。

 

面白おじさん?

それとも、謎のひと?

僕は、もはやフリーランスの野球人という印象しかない(笑)。

 

川﨑選手は、いったいMLBで何を吸収して日本球界に還って来たのでしょうか?

 

天然芝での内野ゴロの捌き方?

それとも動くボールに対応したバッティング?

まあ、英語力とコミュニケーション能力を身に着けて帰ってきたことだけは確かか。

 

なんだか昨年、久しぶりのプレーを観た感じでは、川崎選手は、彼の地でベースボールの楽しさにすっかり魅了されて帰って来たように思いましたね。

彼ひとりだけ「野球」ではなく「ベースボール」をプレイしているように映るのです。

いちだんと面白キャラになったように感じてしまうのは、きっとそのせい。

 

コンディション不良から、キャリアの限界が近いのではと囁かれている節も…。

でも、迷っているように見えるのです。

 

再び日本でイチローのチームメートになるべきか?

それとも、MLBイチローそばで、ふたたびベースボールを満喫するべきなのか?

 

やっぱり、自由人なんですよ。ムネリンという男は。

 

アメリカでも、もはやすっかり有名人。

カワサキ選手のNPB復帰を惜しむ声は、いまだに多いと聞きます。

 

 

おそらく残り少ないであろう、彼の野球人生。

ホークスが保有権にこだわる理由も、そうないはず。戦力的な意味では。

 

最後くらい何事にも束縛されずに自由にプレイさせてあげたって良いと思うのです。

だってもう、世界のカワサキなのですから。

 

 

2018.1.25

 

投手王国ホークスを築き上げた功労者、五十嵐亮太投手

 

f:id:kiyosejin:20180120121850j:plain

 

 

突然ですが、みなさん五十嵐亮太投手について、どんなイメージをお持ちですか?

 

 

大ベテラン

多彩な変化球を駆使する

衰えることを知らない探求心

 

 

かつて、まだ若かった頃は…。

 

速球王

球界のキムタク

 

こんなふうに呼ばれていた時代もありました。

まあ、この辺は今の若いホークスファンは、知らないでしょうね(笑)。

 

なので、一発でわかりやすい動画を貼っときます。

 

 

 

 こんな少年だったんですよ(笑)。

 

 

ところで。

 

僕はですね、かなり個人的な考えなんですけど。

五十嵐投手って、現在の「投手王国ホークス」の土台を築き上げてくれた、いちばんの功労者だと思うんですよね。

 

その理由は…。

 

 

 

まず、五十嵐投手の最も素晴らしい部分。

成績もさることながら、常に新しいモノを採り入れようとする探求心とその姿勢です。

ブルペンリーダーとして、これ以上ない若手投手たちの良いお手本になっているものかと。

 

昨年は、後輩の千賀投手に教えを乞うて魔球「お化けフォーク」を習得したなんて記事も話題に。

 

number.bunshun.jp

 

それと、いまや五十嵐投手の代名詞ともなっている「ナックルカーブ」の伝道者になってくれたこと。

彼のメジャー挑戦で、いちばんの収穫がなんといってもコレでしょう。

 

 

近年、メジャーリーグでは、ナックルカーブがトレンドの球種。

日本でもNHKの「球辞苑」にて、その有用性について検証されたばかり。

 

www4.nhk.or.jp

 

「使えるカーブ」を球種として持っているだけで、ぜんぜん投球の幅が広がるんですってね。

実際、番組内でもゲスト出演の秋山翔吾選手が「最も苦手な変化球」であることを告白されていたほど。

 

そして、大変興味深いのが、日本球界でいちばんカーブを多投するチームがソフトバンク・ホークスらしいのです。

ホークスがここ数年、順調に本格派の若い投手が台頭出来ているのも、ナックルカーブを習得しやすい環境にあるからなのかも知れません。

 

そう考えると、五十嵐投手の「ナックルカーブ伝道者」としての功績は計り知れないほど大きい訳なのです。

 

 

そんな五十嵐投手なのですが、2013年に3年総額6億円という大型契約でホークス入団が決まったときは、正直に言って僕は、疑心暗鬼でしたね。

 

果たして、メジャーで通用しなかった男が、ホークスで戦力になるものなのかと。

 

ヤクルト時代の「球速表示とにらめっこ」で、変化球といえばフォークだけのノーコン投手に果たして、今後どれだけの伸びしろがあるものなのか…。

なんて、考えてしまった訳なんです。

 

 

しかし、すっかり別人になって日本球界に帰還したんです。

メジャーリーグで自己研鑽に励み、見事に生まれ変わっちゃったんですね。

 

 

 

number.bunshun.jp

 

 

 疑った僕が悪かった。

あの時は、本当にすまなかった。。

 

当時のホークス編成部の調査能力には脱帽です。

サファテ投手の獲得といい、打つ手がことごとくハマるんですよね。

 

他球団が、ことごとくメジャー帰りの選手獲得で痛い目に遭わされている現状を考えると、ホークスの成功ぶりは目を引きますね。

 

ただし、あの投手は別としてね…。

 

 

2018.1.20